名車の中でホンダの車とは

原付を後ろから

日本のみならず、世界にもその名を轟かすブランド(メーカー)の一つが「ホンダ」です。さまざまな分野で市場シェアを持っていますが、バイク市場においては絶大な支持を受けるブランドとして有名です。創業以来、業界をけん引するパイオニア的存在でいたこともあり、これまでに数多くの名車を世に生み出してきました。

「名車」という定義自体が多少曖昧な部分はありますが、要するに「多くの人がその価値を認めている」ということが1つの定義になります。フォルム、性能、インパクトなど、何をもってして人々に強く印象を与えたのかは違いますが、誰もが「あれは素晴らしいバイクだ」と感じることが出来さえすれば何も問題はありません。

内部構造

良く知られているバイクで言えば、「CBシリーズ」があります。CB750はホンダを代表する名車として、未だにマニアが高額で取引をしています。また、「CB350」は「バケヨン」と呼ばれ、当時の性能でより大きな排気量車と比べても引けを取らない性能を持っていたバイクもあります。

名車と呼ばれるためにはある程度の時間が必要で、基本的には「旧車」ばかりが該当します。しかし、現行車の中にも非常に優れた性能を誇るバイクも多く、将来的に同じような評価をされるであろうバイクがたくさんあります。

ツーリング

「名車RZ」はヤマハ

洗車中

これまでのバイク史において、各メーカーから様々なバイクが発売されてきました。ごまんとあるバイクの中でも特にユーザーから支持されたバイクを「名車」と称することがありますが、ヤマハにおけるそれは「RZ」でしょう。

RZというバイクは、元々「TZR」というバイクのレプリカとして登場しました。TZRはレーサーモデルとしてバイクレースを席巻したほどの名車ですが、それをストリート向けにリチューンして発売したバイクがRZです。RZの名を冠しているバイクには、「RZ350」「RZ250」「RZR」「R1-Z」などがあります。

ツール

中でも「RZ350、250」に関しては、未だに熱狂的なファンがいるほどの人気ぶりです。唯一、RZRに関しては、いわゆる不人気車として認識されていますが、走行性能に関して言えば当時は非常に高いものを持っていました。ただ、初代モデルが「良過ぎた」ことにより、その陰に隠れてしまった結果です。

シリーズ最終モデル、RZの正統後継機としてリリースされたR1-Zは、レプリカとネイキッドの中間的なコンセプトで作られたバイクです。こちらもいわゆる不人気車に該当しますが、2st最終モデルとして現在でも愛好家が存在しています。

タイヤ

スズキは沢山の名車を出した

整備中

自動車およびバイクベーカー大手のスズキ株式会社は、バイク生産量は世界シェア3位、4輪は軽自動車に特化(一部普通車生産とOEM車両の販売)して小型自動車とバイク生産に力を多くの名車を世界中に送ってきました。

1970年代に入って大型バイクの生産が活発となり、GT750 の生産に着手しました。

当時の技術で2ストロークエンジンは小型という概念が一般的で、空冷では500ccが限界とされており、空冷2ストロークエンジンのモデルでは他社よりも出遅れていた感がありましたが、すでにスズキはそれを超える750ccモデルの開発に着手、GT750が高負荷時の2ストロークエンジンのクールリングに成功し、北米市場では大型のボディーを持ったハイパワーの水冷式エンジンということから「ウォーターバッファロー」の愛称でアメリカンバイクと肩を並べました。1977年まで生産が続くも、4ストローク化が進むにつれて、製造は4ストモデルにシフトチェンジされ、その姿を見ることが少なくなったのですが、現在でも旧車ファンのライダーに愛用される名車となっています。

同じく1970年に軽自動車初のオフロードモデルであるジムニーを発表、大戦中の軍用車を彷彿とする本格的な4WDオフロードで現在までに複数回のマイナーチェンジや追加モデルを出すもフルモデルチェンジはわずか2回で大型のフォルム変更がされていません。悪路走行を得意とし、耐久性が重視された頑丈なプラットフォームを持ち、大型4WDオフロードと肩を並べる存在でもありました。小型自動車に特化したメーカーとして他にも現在まで多くの名車を世に送り込んでいます。

キー受取